【山中商工会】
「小規模事業者持続化補助金」公募

 「小規模事業者持続化補助金」は、資金や人材といった経営資源に大きな制約があることに加え、商圏や取り扱う商品・サービスが限定されており、人口減少による需要減少の影響を大きく受ける小規模事業者(※1)が、商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組み、生産性の向上を図ることを目的とし、補助金を交付する制度です。原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業も応募可能です(連携する小規模事業者数により補助上限金額が引き上げらます)。

小規模事業者持続化補助金申請には①「一般型:補助上限 原則50万円(補助率:2/3)」と②「コロナ特別対応型:補助上限 100万円(補助率:2/3~3/4)」の2種類の申請が御座います。

 また上記申請と同時に「事業再開枠:感染防止対策」申請も行うことが出来ます。補助上限50万円。補助率10/10。*事業再開枠のみの申請は出来ません。

<取組例>消毒設備購入、消毒清掃作業外注、消毒液購入、マスク等購入、手袋・ゴミ袋・石けん・洗浄剤・漂白剤、購入、アクリル板・透明ビニールシート・防護スクリーン・フロアマーカーの購入、施工 、換気設備(換気扇、空気清浄機等)購入、施工。体温計・サーモカメラ・キーレスシステム・インターホン・ コイントレー・携帯型アルコール検知器の購入、ポスター、チラシの外注・印刷費(従業員又は顧客に感染防止を呼びかけるものに限る) ※消耗品は、2020年5月14日以降補助対象期限までに購入及び使用した ものに限ります。なお、「受払簿(任意様式)」等によって、購入日、購入量、使用日、使用 量等を管理する必要があります。

※1:小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。

 

①「一般型」https://shoko.or.jp/info/common/301 をご参照ください。

3次締切:令和2年10月2日(金) 石川県商工会連合会郵送 締切日当日消印有効
4次締切:令和3年2月5日(金) 石川県商工会連合会郵送 締切日当日消印有効

 

②「コロナ特別対応型」https://shoko.or.jp/info/common/1415 をご参照ください。

新型コロナウィルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるための具体的な対策(※2)に取り組む小規模事業者が、商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用を補助します。

※2:補助対象経費の1/6以上が、以下のA~C要件の1つ以上に合致するものであることが必要です。
 A:サプライチェーンの毀損への対応 補助率2/3  (部品調達困難による部品内製化、出荷先営業停止に伴う新規顧客開拓など)
 B:非対面型ビジネスモデルへの転換 補助率3/4  (店舗販売からEC販売へのシフト、VR・オンラインによるサービス提供など)
 C:テレワーク環境の整備 補助率3/4  (Web会議システム、シンクライアントシステムの導入など) 

3次締切:令和2年8月7日(金) 石川県商工会連合会必着
4次締切:令和2年10月2日(金) 石川県商工会連合会必着

 

 *申請には商工会での書類作成等が必要です。申請日より余裕を持って事前に商工会へお問い合わせ下さい。