【鶴来商工会】
経営セミナー「町工場の全社員が残業ゼロで年収600万円以上もらえる理由」

残業ゼロでも、なぜ売上も利益もあがり続けるのか?

 政府が進める働き方改革の先駆者として、2016年厚生労働省の「過重労働解消のためのセミナー」の企業事例に取り上げられたことをきっかけに、NHK『おはよう日本』・『クローズアップ現代プラス』をはじめ、数々のメディアでその取り組みが紹介され、いま大きな注目を集める神奈川県綾瀬市のワイヤーカット加工専門のものづくり企業、株式会社吉原精工。

 吉原精工は10年前まではブラック企業であった。バブル期の1990 年、当時社長であった吉原博氏が一念発起。トップダウンで大改革を断行。3度の経営危機を乗り越え、今や増収増益を続ける優良企業へ成長しました。

 この増収増益を続ける優良企業へと引き上げた吉原流のユニーク経営、そして社員への想いとは…。吉原氏が実践し「脱・ブラック」を成功させたリアルな経営戦略をご講演いただきます。

日時:9月26日(水)14:00~15:30

場所:鶴来商工会館 青年部研修室

定員:30名 受講無料

問合先:鶴来商工会 電話076-273-2211